節約・お金の知りたい!知っておきたいこと、ライフスタイルが豊かになる情報を発信しています

エコリ

節約コラム

LCC(格安航空会社)って実際のとこ、どうなの?今さら聞けないLCCのメリットとデメリット

LCC(格安航空会社)

最近よく聞く、LCC(Low Cost Carrier/ローコストキャリア)。日本では「格安航空会社」と訳されることが多いです。

身の周りでも、「LCCで安く旅行してきたよ!」「LCCで飛行機代を浮かせて、その分旅先では良いホテルに泊まれた」という話を聞いたことがあるかも知れませんね。

LCC(格安航空会社)に対して、ANAやJALなどの従来の航空会社をFSC(フルサービスキャリア)と呼びます(レガシーキャリアという表現もありますが、指すものは同じです)。

LCCはFSCに比べて格段に運賃が安く、インターネットで格安航空券が数百円や1,000円ポッキリのセール価格で販売されているのを見ると、「ほんとにそんなに安く飛行機に乗れるの?」と驚いてしまうほど。

「家族で海外旅行に行ったら何十万もかかるでしょ。行ってみたいけれどそんなお金はないし・・・・・・。」という人も、「そんなに安く飛行機に乗れるなら、海外旅行に行けるかも!」と思うのではないでしょうか。

また、FSCにしか乗ったことがない人は、「同じ区間を移動するのに数分の一のお金で済むならLCCを利用してみたい気もするけれど、なんとなく不安で、つい慣れているJALやANAを選んじゃうんだよね。」と思っているかもしれません。

特に、小さな子どもを連れたパパ・ママは「LCCに子どもといっしょに乗るのはどうなの? 大丈夫?」と漠然とした不安を持つ傾向にありそうです。

LCC(格安航空会社)って実際のとこ、どうなの?

この記事では、LCCに興味はあるけれど「LCC(格安航空会社)って実際のとこ、どうなの?」と思っている人に向けて、今さら人に聞きにくいLCCの特長、FSCとの違い、メリットとデメリットをわかりやすく解説します。

また、複数のLCCの飛行機に搭乗したことのある筆者の実体験を交えて、LCCはどういうシーンでおすすめなのか、賢くLCCを利用して節約&メリハリのあるお金の使い方をして旅行を楽しむコツも紹介するので、「LCCってどうなの?」と気になっていた方はぜひチェックしてみてください。

そもそもLCC(格安航空会社)って何?

LCC(格安航空会社)

冒頭にも書いたように、LCCとは「Low Cost Carrier(ローコストキャリア)」の略称で、いわゆる「格安航空会社」のこと。

ローコスト(低コスト)というように、サービス(人的サービスおよび物的サービス)を簡素にし、インターネットで予約を受け付けることで運営コストを抑えて、低価格の運賃を実現しています。

従来の航空会社(FSC)のように「飛行機に乗ったらキャビンアテンダント(客室乗務員)が丁寧にもてなしてくれ、いつでも飲み物をもらえる」「機内食がサービスで(料金に込みで)提供される」なんてことはないので、そのつもりで利用しましょう。

イメージとしては、新幹線の指定席に近いかも知れません。(※座席に座れないことはない、飲み物やお弁当のワゴン販売はあるがすべて有料、基本的に”放っておかれる”ことなど)

新幹線では特別なサービスは受けられず、グリーン車であればパーサーが乗客ひとりひとりにおしぼりを配ってくれますが、それ以上のケアはありません。乗る方としても、特にそれ以上のサービスや食事の提供を求めませんし、特にがっかりすることもないはずです。

それは、”そういうものだとわかって乗っているから”でしょう。LCCもそれと同じですね。

日本の空港に就航しているLCC

現在、日本の各空港にも、国際線・国内線ともに複数のLCCが就航しています。

日本の主要空港に就航しているLCCの例

成田国際空港 バニラエア、ピーチ・アビエーション、エアプサン、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター航空、スクート、ノックスクート、セブパシフィック航空、タイ・エアアジアⅩ、インドネシア・エアアジアⅩ、ティーウェイ航空、チェジュ航空、エアソウル、イースター航空、香港エクスプレス、春秋航空、タイ・ライオンエア、ベトジェットエア
羽田空港 ピーチ・アビエーション、タイガーエア台湾、春秋航空、香港エクスプレス、エアアジアⅩ
関西国際空港 ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空、ジェットスター・パシフィック航空、チェジュ航空、エアプサン、イースター航空、ジンエアー、ティーウェイ航空、エアソウル、春秋航空、香港エクスプレス、タイガーエア台湾、スクート、ノックスクート、タイ・エアアジアX、エアアジアX、フィリピン・エアアジア、タイ・ライオンエア、ベトジェットエア、セブパシフィック航空
中部国際空港 エアアジア・ジャパン、ジェットスター・ジャパン、タイガーエア台湾、香港エクスプレス、チェジュ航空、春秋航空、セブパシフィック航空、ティーウェイ航空、エアプサン、タイ・エアアジアⅩ

(※就航状況は予告なく変わることがあります。最新の情報は各LCC公式サイトおよび各空港公式サイトにてご確認ください。)

ちなみに、LCCには厳密な定義はないものの、基本運賃がJALやANAよりもリーズナブル安く、LCCよりも高いとわれるスカイマーク、エアドゥ、ソラシドエア、フジドリームエアラインズなどの航空会社はLCCではありません。

上記航空会社の中には飲み物のサービスがないところもありますが、受託手荷物が無料、JALやANAと提携しコードシェア便を運行している=LCCではない、という理解で良いと思います。

なぜLCCの運賃は安いの? 安全性は問題ないの?

なぜLCCの運賃は安いの?

そもそも、なぜLCCの運賃は安いのでしょうか? 「古くて安全じゃない機体を使っているのでは?」「整備を手抜きしているのでは?」など、不安に思うかもしれません。

いくら安く乗れるとしても、安全じゃない飛行機は論外ですよね。

しかし、航空会社が飛行機を飛ばすには国が設けている厳しい安全基準をクリアしている必要があり、それはFSCでもLCCでも変わりません。航空事故が起こる可能性はゼロではありませんが、それはFSCでもLCCでも言えることでしょう。

FSCとLCCの事故率を調べるさまざまな調査があり、識者によりさまざまな意見がありますが、「LCCはFSCに比べて事故率が高い」と根拠を明示できている調査はありません。

地球の歩き方にも、以下のように書かれています。

調査会社などのさまざまな機関がエアライン別の事故率を発表しているが、レガシー・キャリアとLCCとの事故率に、大きな差は見られない。

たとえば、LCCの代表格、サウスウエスト航空(アメリカ)、ライアンエア(アイルランド)、イージージェット(イギリス)は、創業以来、乗客・乗員の死亡事故はゼロだ。

地球の歩き方「LCCの安全性は大丈夫?」より引用

現実的に考えて、もしLCCの事故が極端に多ければ、利用者は離れて行ってしまうでしょう。そうなっていない人気のLCCは、まず大丈夫と言えるのではないでしょうか。不安であれば、利用を考えているLCCの口コミや評判を事前にネットで調べてみるのも良いですね。

LCCがコストカットできる理由

では、安全性に問題があるわけでもなく、整備を手抜きしているのでもないのなら、なぜLCCの運賃が安いのでしょうか。

それには以下のような理由があります。

LCCがコストカットできる理由

  • 付加サービスはすべて有料にしている(機内の飲み物、機内食、ブランケット、座席指定、受託手荷物などはすべてオプション)
  • 予約はインターネットで行い、窓口や支店は最低限にし、旅行代理店も通さない
  • 同一の機種で統一し、整備や訓練のコストを抑える
  • 同じ機種の飛行機でも、FSCよりもシートピッチを狭くし座席数を増やすことで、一度に多くの人を運べる
  • 機内設備を最低限にしている(パーソナルモニターやエンタメ機器は無し)
  • 駐機時間を短縮したり、深夜便・早朝便を取り入れたりして、時間を有効活用している
  • 採算のとれる人気路線のみ就航している

LCCは付加サービスを有料にしてコストカット

飲み物や機内食を有料で注文した人にだけ提供することでコストカットできるのは容易に想像できますね。

これは、原材料費や容器代の問題だけではなく、サービスにかかる人件費(=乗客全員に提供するとかなりの手間と時間がかかります)も節約でき、機体に積み込む飲食物を減らすことで積み込みコストも減らせ、さらに機体も軽くなるので燃費向上にもつながります。

機体が軽くなり燃費向上になるのは、乗客の荷物の総重量も関係するかもしれません。

受託手荷物は有料オプションなので、できれば無料枠の機内持ち込み手荷物だけにしようとする人や、有料で受託手荷物を頼むにしても、なるべく安くなるよう無駄に荷物を重くすることは避けたい人も多いはずで、その結果、燃費向上につながっていることが考えられます。

これらのコストカットの代償として、乗客の立場で「水さえもお金を払わないともらえない」「FSCに比べてシートが狭く窮屈感がある」「パーソナルモニターがないから時間つぶしができずつまらない」という不満がでるわけです。

従って、LCCがどんなものであるか理解し、メリットとデメリットを天秤にかけて「自分にはメリットの方が大きい」と判断できるときにLCCを利用するのがおすすめと言えます。

続けて、LCCを利用することのメリットとデメリットを確認していきましょう。

LCCを利用することのメリットとデメリットは?

LCCを利用することのメリットとデメリット

ここまでに書いた内容と重複する部分もありますが、LCCを利用することのメリットとデメリットには、以下のようなものが考えられます。

メリット

  • 基本運賃が安い!
  • タイムセールをやっていることが多く、激安で航空券が買えることもある

デメリット

  • 付加サービスはすべて有料(飲み物も機内食もブランケットも有料)
  • 受託手荷物が有料なので荷物の多い人は結果的に割高になってしまうことも
  • 機内エンターテイメントがほぼ無い
  • 自分でネット予約しなくてはならず、コールセンターにはつながりにくい
  • 遅延・欠航の際の払い戻しや振り替えの保証のない会社がほとんど
  • マイルがためられない(※一部例外あり)
  • 空港ラウンジが利用できない
  • 搭乗口が遠くにある場合が多く、いちいち移動距離が長い(搭乗口までバスに乗るケースや、ターミナルが分かれていることもあり)
  • 駐機時間を短縮しているため、ひとつの飛行機が遅延すると、そのあとの便すべてに遅れが生じることも
  • FSCの場合は(予約クラスにも寄るが)急病などで搭乗できなかった場合は返金対応してもらえるが、LCCにはそういうのは一切ない(乗れなくても諦めるしかない)

メリットに比べて、圧倒的にデメリットが多いですね。

機内食は有料

LCCは基本的に機内食もお水も有料

しかし、考えようによっては、

「台湾や韓国など近場のアジアならフライトは2~3時間だから別に機内食はなくて良い(むしろ現地についてからおいしいものを食べたい)」

「1泊2日~2泊3日のアジア旅行なら機内持ち込み手荷物(航空会社によるが7kg程度)だけで事足りる」

「スマホに見たい映画や読みたい電子書籍をあらかじめダウンロードしていけば、別に座席のパーソナルモニターはなくていい」

とも言えるのではないでしょうか。このあたりは個人の価値観による部分と言えそうです。

※予約の変更の可否について

LCCとFSCのメリットデメリットを比較する際に「予約の変更(日時変更・路線変更)ができるのか」が気になりますが、これは各航空会社の規定(予約種別や何日前か、など)によって異なります。

FSCでもセールで安いチケットを買った場合は「変更不可」「キャンセル時の払い戻しなしOR払い戻しには高めの手数料が必要」となっていることが多いです。

LCCでも手数料を払えば変更ができる場合もありますが、格安航空券をセールでさらに安く買っていた場合、手数料を払って予約変更するより、むしろ新たにチケットを買った方が安いことも。

実際にLCCに乗ったことのある私の体験談口コミ

LCCに登場した経験

私はこれまでに複数のLCCに搭乗した経験がありますが、上に書いたメリットとデメリットはまさにその通りで、「こういうデメリットがあるけれど自分は気にならないから、価格の安さの方が魅力」と思えれば、LCC利用は十分アリ!です。

上の写真は、数年前に我が家の子ども2人が小学生だったころ、LCCのセブパシフィック航空に乗ってフィリピンのマニラへ家族旅行をしたときのもの。

SNSでセブパシフィック航空のタイムセールを見つけ、なんと、中部国際空港(セントレア)⇔マニラの往復航空券を1,000円(燃油サーチャージも込み)で購入できたのです。

家族4人でも、1,000円×4で、わずか4,000円! 発券手数料や空港諸税は別途かかりますが、全部合わせても4人分で約28,000円、一人当たり約7,000円でした。4人家族で海外へ行って、往復約3万円かからないってて、ちょっと信じられない価格ですよね。

(2泊のみの短い旅行だったので、スーツケースは家族で1コだけ預け、その分のお金を払いましたが、それでも十分安かったです。)

LCCで航空券代を浮かせて高級ホテルへ

このときは、LCCを利用して航空券代が非常に安く済んだので、浮いたお金で贅沢をしよう!と、高級ホテルであるザ・ペニンシュラマニラに宿泊しました。

ホテル代は2泊で約7万円。私の家族旅行にしてはけっこうな奮発でしたが、高級ホテルステイを楽しめ、思い出に残る家族旅行ができました。

高級ホテル

高層ビルに囲まれたホテルのプールサイドで、水遊びをする子どもたちを眺めつつトロピカルドリンクを飲んだのも良い思い出です。航空券がここまで安くなかったら、ホテルのグレードをもう少し下げざるを得なかったでしょう。LCC様々です。

このときの旅費は、家族4人の飛行機(中部国際空港⇔マニラ往復)とホテル2泊で、合計10万円ほど。4人家族で海外旅行をして10万円ってすごいですよね。

LCCに乗って高級ホテルに泊まる・・・・・・というと、なんだかアンバランスな気がするかもしれませんが、お金を抑える(節約する)ところとお金を使うところにメリハリをつけることで、満足度の高い旅行ができる、というのが私の考えです。

LCCの遅延

しかし、良い体験談だけでなく、残念な体験談もあります。LCCのエアアジア・ジャパンで、中部国際空港から札幌・新千歳空港へ旅行したときに、使用機到着遅れで出発が遅れてしまいました。

しかも、定刻12:15が一度14:15になり、再度変更になって15:25になりました。「札幌に着いたら空港でちょっと遅めの昼ご飯を食べよう」と思っていたのに、結局ついたのは夕食前。

この日は予定がなかったので良かったようなものの、大切や予定やアポイントメントがある人は、遅延しやすいLCCを利用する場合は1本早め、あるいは前日に前乗りしておくほうが良いかも知れません。

(そうするとホテル代が1泊余分にかかってしまって、LCCで節約した意味がなくなってしまいますが。)

ただ、もちろんJALやANAのようなFSCであっても、飛行機の遅延が起こる可能性はあります。運行スケジュールがタイトで駐機時間の短いLCCは、FSCに比べ、「使用機到着遅れ」や「乗員繰り(機体は到着しているが乗務員が確保できていない状態)」による遅延が起こりやすいと言えそうです。

LCCの座席は狭い?

「LCCのシートはそんなに狭いのか?」について、私(成人女性で身長162cmの標準体型)の体感としては、特に窮屈さはありませんでした。しかし、体の大きな方や恰幅の良い方はちょっと窮屈だと感じるかもしれません。

LCCは寝て過ごすのがおすすめ

個人的には韓国や台湾、グアムなど、2~3時間台のフライトなら、LCCだからといって特に苦になることはなく、新幹線に乗っているのに近い感覚です。

ただし、タイやマレーシアなどの東南アジアで、フライト時間が6時間くらいになると、少し手持ち無沙汰になってしまうかもしれません。なるべく快適に過ごすコツとしては、昼便なら本や映画をダウンロードしたスマホを持って行く、可能ならば深夜発の便を選び、機内では寝ていくのが良いでしょう。

路線にも寄りますが、アジア方面でグループ旅行の方が多いと、時として乗客がやたら賑やかなケースがありますが、さすがに照明が落ちれば機内は静かになりますので。

お勤めの方は、仕事が終わってから空港へ行き、深夜発の便に乗って機内で寝ていくことで、タイトなスケジュールでも現地での滞在時間を最大限伸ばすことができ、さらにホテル代も1泊分節約できます。(体はちょっと疲れるかも知れませんが。)

LCCはブランケットのサービスもないので、深夜便で寝ていく場合は、何か羽織るものか、ストールなど体に掛けられるものを持って行くのがおすすめです。

LCCって実際のとこ、どうなの?のまとめ

LCCって実際のとこ、どうなの?

いろいろとかきましたが、総論としては、私はLCCは「安かろう悪かろう」だとは思っておらず、予算・目的・時間などに応じて、FSCとLCCを使い分けるのが賢い方法・節約できる方法だと思っています。

先日、Twitterで「機内で過ごす時間は旅の楽しみなのに、そこをケチってLCCに乗るなんて」という趣旨の、LCC派を否定するようなツイートを見かけました。

しかし、旅のどこにウェイトを置くか(お金をかけるか)は人それぞれ。FSCででサービスを受けてゆったりと快適に過ごしたい人もいれば、飛行機は移動と割り切ってコストを抑えて、旅先でホテル・食事・体験にお金をかけたい人もいるでしょう。

もしくは、FSC利用の旅行に1回いくより、同じ金額を使うなら、LCC利用の旅行に2回行けるほうがいい!という人もいることと思います。私の周りにも国内で近県に行くくらいの感覚でしょっちゅう台湾や韓国に旅している人もいます。これも賢くLCCを使っているからこそ。

子どもと一緒に飛行機に乗る

「子どもといっしょの家族旅行でLCCを使うのはどう?」という疑問については、子どもが3歳未満で膝の上に載せられるので料金がかからない、あるいは3歳以上で料金がかかる場合もFSCは子ども料金が設定されていることが多いので、FSCを利用するメリットがあります。

先日、小さい子ども(幼児)のいる友人がANAでの台湾旅行を計画していたのですが、残念ながら子どもの体調不良により旅行をキャンセルせざるを得なくなったそうです。航空券価格の高騰するお盆の時期で、しかも家族4人分の航空券ですから、合計金額は安くはありません。

直前のキャンセルでお金も帰ってこないだろうから悲しい・・・・・・と言っていたのですが、ANAに問い合わせたところ、キャンセルの理由が子どもの病気であるということで、家族全員分の航空券代が返金されたとのこと。

(※FSCであっても返金に関する規約は各社異なるので、ご自身でご確認ください。)

これは、LCCではあり得ないことです。LCCでもお盆のようなハイシーズンは航空券が値上がりしますが、子どもの急病で搭乗できなくても返金はありません。

その点から考えると、子どもが低年齢で熱を出しやすい・病気をしやすい場合、あるいはインフルエンザの流行する時期で保育園や幼稚園での集団感染のリスクがある場合などは、飛行機に乗れない事態が起こることも想定してLCCを利用するかどうかを決めるのが良いでしょう。

「セールですごく安く買えたから、最悪(急用や急病で)乗れなかったとしても諦めがつく」と思えるなら、LCCが合っていると言えそうです。

(ちなみに、LCCのセール情報は各航空会社の公式Twitter、FacebookなどのSNSで案内されることが多いので、セール情報をキャッチしたい人は、最寄り空港に就航しているLCCのSNSをフォローしておくのがおすすめ。激安セールの航空券はあっという間に売り切れます。)

飛行機の窓から

自分と異なる価値観の人がいるのは当然ですが、人は人なので、「その人にとってはそうかもしれないけど、私にとって今回ベストなのはこっち!」と自分で判断するのが大切です。

その判断の一助となればと、この「LCCって実際のとこ、どうなの?」の記事を書きました。節約できるところは節約して、楽しく、豊かな旅ができますように。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ayan

ayan

1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。 個人で「わらしべ暮らしのブログ」を2004年から運営中。主に女性向けに、 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています!  レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

-節約コラム

Copyright© エコリ , 2019 All Rights Reserved.