節約・お金の知りたい!知っておきたいこと、ライフスタイルが豊かになる情報を発信しています

エコリ

節約コラム

ソクラテスのため息の「得するポイントカードの使い方」まとめ

ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~「年間100万ポイントも!カード活用術」(2020年3月11日放送)で公開された、お得なポイントカードの使い方やポイントを貯めるコツをまとめあげ、さらにファイナンシャルプランナーの資格をもつ私の見解も加えました。

  • どのポイントカードを使えばいいの?
  • ポイントがお得に貯められるクレジットカードは?
  • ポイントの有効的な使い方が知りたい

と悩んでいるなら最後までご覧になり、参考にしてもらえればと思います。

達人が教える「ポイントを効率良く貯める2つのコツ」

年間100万ポイントを稼ぐ達人「菊地 崇仁」さんが教えてくれた効率よくポイントを貯めるコツは以下の2つです。

ポイントカードをむやみに作るな

実は、ポイントは年間1兆円も発行されているものの、年間で約4000憶ポイントも失効されています。

失効してしまう理由は、ポイントカードをたくさん作りすぎて、意識が分散してしまい、貯めたことを忘れてしまうから。

町の声として紹介された2人の女性は以下のようなコメントをしていました。

マイルの有効期限が切れちゃって、貯まったマイルが使えなかった。
年間で2~3万マイル失効しちゃいました。
※2万マイル=ハワイ片道相当
あれはもったいなかったな・・・
マツキヨのポイントを貯めてたのに、有効期限が切れてました。
2000円分ぐらい。
失効しちゃうポイントを言ってくれないので。
レシートで見て「あれ?無くなってる!」って・・・

こつこつ貯めてきたのに、期限切れで失効してしまうのは本当にショックですよね。

ポイントカードは、やたら作らず、ポイントは絞って貯めることが重要です。
カードを絞ることで、ポイントを貯めたことを忘れず失効防止につながるからですね。

ポイントはすぐに使うべき

ポイントは貯金と同じように、どんどん貯まっていくのが楽しいですよね。
でも、使わずにどんどん貯めるのは間違いなのです。

実は、貯まっている時点のポイントは企業(お店)のもの。
企業(お店)が突然「明日やめます」と言えば、その時点で失効してしまいます。

ポイントは使ったときはじめて自分のものになるのです。

かじがやさんおすすめのポイント管理アプリ「MoneyTree」で失効を予防

アメトーークのiPhone芸人・家電芸人でおなじみ「かじがや卓哉」さん。
実はかじがやさんは税理士の資格も持っていて、お金に関する知識も半端ないのです。

そんなかじがやさんがオススメするポイント管理アプリが「MoneyTree」です。

MoneyTree

moneytree
MoneyTree」は家計簿アプリなのですが、マイルやポイントの管理アプリとしても使えます。

各ポイントやマイルをMoneyTreeに登録すれば、貯めたポイントやマイルの残高や有効期限をいつでも確認でき、期限切れになる前に通知もしてくれる優れモノ。

MoneyTreeがあれば、ポイントを失効する可能性を極限まで減らせます。
※MoneyTreeは世界クラスの最新セキュリティ技術を常に取り入れているので安全性は確かです。

日本国民全員が持つべき4大共通ポイントカード

どのポイントカードを持ったらいいか分からないという場合は、企業の垣根を超えてポイントが貯められる共通ポイントカードを持っておきましょう。
その中でも有名チェーン企業が加盟店となっている以下の4枚がおすすめです。

Tカード

Tカード
数多くの企業と提携しており、TポイントでおなじみのTカード
様々なお店で「Tカードはお持ちですか?」と聞かれますよね。
Tカードを持っていないということは、それだけポイント獲得のチャンスを逃していることになります。
必ずもっておきたい1枚です。

Pontaカード

Pontaカード
リクルートグループが運営するPontaカード
じゃらん、ホットペッパー、ポンパレ、ローソン、ケンタッキー、GEO、JALなど、生活に欠かせない企業と数多く提携しています。

楽天ポイントカード

楽天ポイントカード
大手ネット通販の楽天が運営する楽天ポイントカード
ファミリーマート、すき家、サンドラッグ、ジュンク堂、マクドナルド、大丸、コーナン、ロイヤルホストなど、よく通うお店と提携しているので利便性抜群です。

dポイントカード

dポイントカード
大手通信会社NTT DOCOMOが運営するdカード
近年よく提携を伸ばしており、よく名前を聞くようになりました。
ローソン、ファミリーマート、マクドナルド、モスバーガー、ミスタードーナツ、カプリチョーザなど、様々なお店と提携しています。

共通ポイントカードは企業にもメリットがある

なぜ各企業は共通ポイントカード会社と提携するのか?
それは、相互に顧客情報をやりとりできるからです。

A店でお会計したレシートに、B店のクーポンがついていたりませんか?
これは共通ポイントカードで顧客情報を共有しているからこそ可能なのです。
「〇歳男性ならB店のクーポンを」「〇歳女性ならC店のクーポンを」という具合に機械が顧客情報によって適切なクーポンを出し分けているので、私達にとっても企業にとっても嬉しい仕組みとなっています。

4大共通ポイントカードのお得な使い方

上記で紹介した4大共通ポイントカードのお得な使い方を解説します。

普通にポイントを消費するより数倍お得なので是非活用しましょう。

Tポイントカードはウェル活で実質33%オフ

ウェルシアTカード「ウェル活」
ウェル活とは、ドラッグストア「ウェルシア薬局」で、毎月20日のお客様感謝デーにTポイントを使って買い物することです。

ウェルシアは毎月20日にTポイントを200ポイント以上利用すれば通常の1.5倍分のお買い物ができます。

例えば、Tポイント6000Pを所持していれば、1.5倍の9000円分買い物が可能!
実質33%オフですね。

貯めたTポイントは必ず20日にウェルシアで使用して買い物した商品は「ウェル活戦利品」といいSNSに投稿するのが大流行しています。

dポイントカードは還元キャンペーンを狙う

dポイントを運営するNTTドコモの大資本を活用し、よく還元キャンペーンをやっています。

ファミリーカードでポイント40倍キャンペーン

ローソンでポイント20倍キャンペーン

すかいらーくグループ最大10倍キャンペーン

など、100円使えば20円~40円分のポイントを付与する高還元キャンペーンを定期的に開催しています。

PontaカードはローソンLoppiのお試し引換券・値引券がお得

ローソンにある端末Loppiを操作し、お試し引換券・値引券にポイントを使えば、商品は限られますが元値の3分の1の価格で商品を購入することが可能です。

レジでポイントを使っても、ポイントは付きませんが、Loppiお試し引換券でポイントを使用したら、元の値段に対してポイントが付くのでとってもお得です。
(150円のものをLoppiを使って50円で買えたとしても、150円に対してポイントが付きます)

Loppiのお試し引換券・値引券の発券方法

1:LoppiのTOP画面右下の方にある「ポイント会員メニュー」をタッチします
2:カードリーダーにポイントカードを読み込ませます
3:会員メニュー「クーポンを発券する」枠内の「一覧から発券する」をタッチ
4:引き換えしたいジャンルをタッチします
5:希望の商品をタッチ、詳細内容が表示されるので確認後、「確定する」をタッチ
6:Loppiから「お試し引換券・値引券」が発行されるので、該当商品と一緒にレジへ持っていきましょう
※有効期限はLoppi発券から30分です。30分を過ぎると無効になるので注意しましょう。

楽天ポイントカードは楽天ふるさと納税がお得

楽天ふるさと納税
ふるさと納税とは、例えば5万円を地方自治体に寄付した場合、4万8000円税金が減額され、実質2000円で返礼品がもらえる仕組みです。

このふるさと納税を、楽天ふるさと納税というサイトで行うと、100円で1Pつきます。
さらに、毎月0と5がつく日に注文するとポイントが5倍になります。

もし0か5がつく日に楽天ふるさと納税で5万円の寄附をしたら、実質2000円で返礼品がもらえるうえに、楽天ポイントを2500P獲得できるので、
・ふるさと納税5万円相当の返戻品
・2500ポイント-2000円=500ポイントお得
ということになります。

実際、ヘビーユーザーであるアンタッチャブル柴田さんはこの方法でふるさと納税しているそうです。

4大共通ポイントをガンガン貯める方法

4大共通ポイントを効率的に貯める方法を紹介します。

各ポイントが貯まりやすいクレジットカードを作ろう

それぞれのポイントが貯まりやすいクレジットカードがあります。
100~200円支払うごとに共通ポイントが1P貯まるクレジットカードで年会費は全て無料です。

  • Tポイント → ファミマTカード
  • Pontaポイント → ローソンPontaプラス
  • 楽天ポイント → 楽天カード
  • dポイント → dカード

クレジットカードでポイント2重取りをしよう

例えば、楽天ポイントカードは100円で1P獲得ですが、
楽天クレジットカードにすることで、クレジットカード決済により100円で1P獲得&ポイントカード機能により100円で1P獲得、つまり100円で合計2P獲得できるのです。
※前述した5倍ポイントデーを狙えばさらにポイントアップ

公共料金の支払いをクレジットカード払いに変更しよう

電気代、ガス代、水道代、携帯代、インターネット通信代、家賃など公共料金をクレジットカード支払いにするだけで、ポイントを大量獲得できます。
例えば、年間150万円の固定費をクレジットカード支払った場合、約15000Pも自動で獲得できるのです。

その15000ポイントをローソンLoppiのお試し引換券・値引券に使うとすると、価値が4万円相当になるので、しばらくコンビニで買い物に困りませんね。

スマホ決済でポイント3重取りをしよう

スマホ決済とは、アプリで表示したバーコードやQRコードを読む込む方法のことです。
PayPay(ペイペイ)や、LINE Pay(ラインペイ)、メルペイなど、様々な企業からスマホ決済がありますが、その中でも4大共通ポイントがたまるスマホ決済があります。

  • Tポイント → ファミペイ
  • Pnotaポイント → auPAY
  • 楽天ポイント → 楽天ペイ
  • dポイント → d払い

それぞれに対応しているポイントカード、クレジットカード、スマホ決済を使えば、ポイントの3重取りが可能になります。

例えは、dポイントの場合。
dポイントは100円で1P獲得できるのですが、
d払いに設定すればさらに100円で0.5P獲得、
そして、このd払いの引き落とし先にクレジットカードのdカードを設定すれば、100円で1P獲得、
100円で合計2.5P獲得できるようになります。

3重取りの手順
1:スマホ決済の引き落とし先を対応クレジットカードに設定
2:会計時にポイントカードを提示
3:支払い方法をスマホ決済でバーコード表示
たったこれだけで毎回ポイントが2.5倍になるわけですから、ポイントを貯めたいなら必ず行いましょう!

ソクラテスのため息の「得するポイントカードの使い方」まとめ

ポイントカードをお得に貯めるためのコツは以下になります。

  • 失効防止のため貯めるポイントカードを絞ろう
  • 4大共通ポイントカードをメインに使おう
  • 各共通ポイントのお得な使い方を覚えておこう
  • 提携クレジットカードならポイント2重取りも可能
  • 公共料金をクレジットカード払いにしよう
  • スマホ決済も取り入れたらポイント3重取りも可能

全て取り入れるのは難しいかもしれませんが、よく行くお店が提携しているポイントカードがあればメインに考え、提携しているクレジットカードやスマホ決済も活用して、上手にポイントを貯めていきましょう。

コロナによって経済が止まり、日本や世界はこれから不況にどんどんなっていくと思われます。
日々の生活を守るため、少しでもお得になるものはどんどん取り入れていきたいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マサキ

マサキ

2児の父。ゲーム大好き。元バンドマン。 趣味と教育にかかるお金を節約や生活の知恵でねん出することだけを考えています。 FP3級所持。

-節約コラム

Copyright© エコリ , 2020 All Rights Reserved.